コンセプト

元来、歯科治療はかなりの部分で人間の身体に手を加える、いわゆる外科的処置です。どんなにささいな処置でもリスクを伴い、術者はそのことを強く認識しなければなりません。歯科医師は、常にそのリスクを認識しそのことが患者さんの利益になることを前提として、処置に当たらなければなりません。そのために何が必要か。それは学問の習得であり、それに裏打ちされた高い技術の実践であります。


また、同時に、口の機能を一生涯、十分維持するためには、どうしても予防的な取り組みが必要になります。歯科医師がどんなに技術を駆使して治しても予防なくして一生涯の口腔の健康の維持は難しいです。私の30年以上の臨床経験から、どんなに高い技術を駆使した歯科医師による治療による修復にも限界があることも実感しており、治療されたことがない生まれながらの無傷な口腔を維持していくことが大変重要だと思っております。たくさんの方々にそのような無傷な状態の口腔を維持してもらいと心から思い、そのことを日野歯科クリニックの究極の目的と考えます。


ただ、現実的には来院される多くの方は何らかの治療をする必要があって来院されます。来院された患者さんの状況を正しく知り、その方々に適した治療と予防の実践をまじめにおこなっていく事が、私たちの使命と考えます。そのために、まず、初めて来院された患者さんには、訴えをよく聴き、その問題点を整理し対応します。

同時に予防的な対応の重要性を説明し、その人に合った予防プログラムを提示し担当歯科衛生士がサポートいたします。



幸い、当クリニックは長年勤務しているスタッフに恵まれ、ベテランでかつ人間味あふれる優秀なスタッフ(歯科衛生士4名、歯科技工士1名、非常勤歯科医師(日本口腔外科学会認定医))とともに患者さんに寄り添い診療に当たれるように心がけております。




真の患者さんの生活の質(QOL)の向上とは何かを常に考え、その向上をめざします。